logo

動物と人間の映画

「REBORN」とは、生まれ変わる、復活するという意味であり、「ターザンREBORN」のストーリーはディズニー版ターザンの続編となります。 ディズニー版では、森で育った人間のターザンがゴリラの研究のために訪れた女性、ジェーンに出逢い恋をするという物語でした。そして、人間社会にはいかずに、ジェーンと一緒にジャングルで過ごすことを選びました。. 野生児には次の3種類がある 。. 年公開の「ロスト・バケーション」は、最近キワモノ作品が多いサメ映画界の久々の正統派作品として注目されました。 巨大なサメに襲われて沖合の岩場に乗り上げたサーファーの主人公が、逃げ場のない状況でたった一人で死闘をくり広げるこの映画。 サメの恐怖を極限まで描いた、シリアスな動物パニック映画の名作です。 コミカルな扱いをされることも多いサメという生き物の恐ろしさを、これでもかと再確認させてくれます。. 『ペット』に登場するチームが元ペット団。英語では「The Flushed Pets」とも言われ、もともとは人間に飼われていたものの捨てられた生き物たちが集まってできた組織です。 映画『ペット』では主要の敵組織として登場し、指揮していたのはウサギのスノーボールと呼ばれるキャラクターでした。ということで、元ペット団のキャラクターを紹介。. クマをテーマにしたパニック映画は、リアルなクマが登場するのが一般的ですが、本作では突然変異のドロドロ熊が人々を襲います。その造形に注目です。 その他の候補: 「ブラックフット」(年) キャンプ向きではないカップルが森で迷い巨大クマに遭遇する、実話をもとにした作品。 「グリズリー」(1976年) 山版「ジョーズ」。 「ザ・ワイルド」(1997年) コディアックヒグマの襲撃を避けながらアンソニー・ホプキンスが極寒の森をサバイバル。クマ役はこれまでにも数々のクマ物映画で活躍した有名な動物タレントのバートです。. 飼い主・イーサンと再び巡り合うために、何度も生まれ変わる犬のベイリーを描いた『僕のワンダフル・ライフ』の続編映画。今回ベイリーは、母親に連れていかれてしまったイーサンの孫娘を守ることを約束。新たな使命を果たすため、再び“犬生”を繰り返し奮闘するベイリーの姿を描く。 >>詳細はこちら. 動物が人間を襲うパニック大作といえば『ジョーズ』(75年)が有名だが、それが大ヒットしたのを受けて、1970年代の後半には類似の映画が次々.

自慢の屋敷に巨大ネズミが住みついてしまい、家主がネズミ退治に大奮闘! その他の候補: 「ウィラード」(年) 1971年の「ウィラード」のリメイク。オリジナルより少しばかり良い。 「巨大ねずみパニック」(1982年) 香港とカナダの合作。繁殖した大ネズミが開通したばかりの地下鉄を襲う! 「ラッツ-恐怖の殺人ネズミ-」(1984年) 動物と人間の映画 一番の恐怖は物語ではなく、撮影に本物のドブネズミを大量に起用したところ。 「ラットボーイ」(1986年) かつてイーストウッドのパートナーだったソンドラ・ロックが監督した貴重な作品。. ギジェットは、白いポメラニアンで映画『ペット』のメインキャラクターのなかの一匹。声優はジェニー・スレートが担当しています。 青い瞳に小さなピンクの耳、小さな足や頭にピンク色のアクセサリーをつけているのが特徴的。 優しい性格をしていて、大好きなマックスを含むペットたちに当たりがよいのもポイントです。. See 動物と人間の映画 full list on creatorjapan. 『タワーリング・インフェルノ』(1974年)など自然災害を扱ったパニック映画がブームとなり、「ジョーズ」(1975年)以降の動物パニック映画ブームを下支えした(拍車をかけた)。 1. コンゴでダイヤがあるときいたレオン・ロムは、ダイヤがある場所へと向かう。そこで、ダイヤの地を牛耳っている全身をホワイトに染めた部族に遭遇し、レオン・ロムの引き連れた軍はなんなく、破れてしまう。 そこで、レオンロムは部族の長と話し合い、ターザンを連れてきたらダイヤモンドを渡すと提案してきた。その条件をのみ、レオンロムはターザンを探しにいく。 過去に、ターザンは母であるゴリラをその部族に殺され、部族の長の息子を殺してしまったのだ。それに恨んでいた白い部族の長は、ターザンをよこすように求めてきたのである。. 『ウイラード』(Willard)は、1971年のアメリカ合衆国のサスペンス映画及び動物を扱ったパニック映画。数百匹のネズミが人々を襲うサスペンスホラー。『いちご白書』で人気スターとなったブルース・デイヴィソンが主演した。1972年には続編『ベン』が公開された。 「ベン」(BEN)は、前作「ウイラード」の大ヒットで製作されたねずみパニック映画の続編。病弱な少年とねずみとの哀しい友情物語が胸を打つ。マイケル・ジャクソンの主題歌『ベンのテーマ』が全米シングルチャート1位を獲得。 ネズミの大群が登場する「ウイラード」(1971年)が大ヒットし、続編「ベン」(1972年)も作られた。 友だちのいない青年・ウイラードは、復讐のためソクラテスとベンと名付けたネズミに職場の人々を襲わせる。. 『エアポート’75』(Airport 1975) 2.

A レイク・プラシッド」(1999年) UMAと言いつつ正体は巨大ワニ。懲りないおばあちゃんがナイスです。 動物と人間の映画 「ブラック・ウォーター」(年) ワニ版「オープン・ウォーター」。 「パニックアリゲーター~悪魔の棲む沼」(1979年) 未開のジャングルに住む巨大ワニが人々を襲うイタリア映画。さすがのイタリアン・クオリティーで、ワニは安っぽく迫力はありません(褒めています)。最大の見せ場は、原住民と巨大ワニの両方が白人をめった殺しにするシーンです。. . 動物の生態をそのまま見せる“行動展示”で一躍話題となり、今や日本一の入園者数を誇る北海道・旭山動物園の奇跡と感動の物語を映画化。 閉園の危機に追い込まれながらも、全国有数の人気動物園へと復活させた園長と飼育係たちの奮闘を描く。. 超高層ビル火災を描いたパニック映画の極めつけの作品。本作品は1970年代中盤期のいわゆる、「パニック映画ブーム」の中でも最高傑作と評されている。 5. 行楽客でにぎわう湖のビーチに、地底湖から現れた古代の巨大ピラニアが出現する「ピラニア3D」。 70年代の名作パニック映画をリメイクしたこの作品は、夏休みに盛り上がるティーンエージャーたちがピラニアの大群に容赦なく食い尽くされていく、ショッキングなパニック映画です。 「スタンド・バイ・ミー」の名子役だったジェリー・オコンネル、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクリストファー・ロイドなど、意外な名俳優が出演しているのも注目ポイントです。. マリリンは、ノーマンテレビに登場する女性キャラクター。映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』にも数秒程度出演しており、カメオのような位置づけです。 マリリンにはハロルドという名前の夫が存在していました。しかしそれは過去形。 実際にはマリリンが父親の財産の相続人になった際、旦那のハロルドとのいざこざがあり遺産共有を拒否します。それからハロルドはマリリンを毒殺するため、お茶に毒をもっていました。 結果、ハロルドの企てはノーマンによって阻止され失敗。ハロルドは警察に逮捕され、元夫の位置づけに変わります。.

ディズニー映画最新作『ズートピア』が年4月23日(土)公開。第89回アカデミー賞では「長編アニメ映画賞」を受賞。舞台は、動物たちが人間の. 人間が動物などに食われる映画はありますか? スピルバーグの「ジョーズ」人間が鮫に食べられる. 休暇を利用してキャンプにきた倦怠期の夫婦に大自然が襲いかかる! 怖さや緊張感はあまり持続せず、低予算のため登場人物も夫婦と動物のみ。タスマニアデビルやポッサムといったオーストラリアの固有種が人を攻撃する様子を楽しみたい方にオススメです。 image by YouTube source: YouTube1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13 Gordon Jackson - Gizmodo io9[原文] (中川真知子). 『大地震』(1974年) 5. 動物も人間も命いっぱい生きている。 動物園が舞台なのでメインは動物かと思いきや、命あるもの全てが主役、な作品です。動物に優しい動物園. その舞台は、動物たちが人間のように暮らす楽園。言葉を話す動物たちの映画といえば、ディズニーのお家芸だ。.

『ジョーズ』(Jaws)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1975年のアメリカのパニック映画。平和なビーチを襲う巨大人食い鮫(ホオジロザメ)の恐怖(人喰い鮫パニック映画)と、それに立ち向う人々を描いた「海洋冒険活劇」の傑作である。海辺の群衆が逃げ惑う場面のリアリティが秀逸な「海洋パニック映画」の金字塔。スリラー映画、ホラー映画、パニック映画など様々なジャンル分けがなされる。動物パニック映画ブームが訪れる。「ジョーズ」の空前のヒットで、「人喰い鮫」ネタは引っ張りだこになる。 ジョーズ(1975年)において、直接的に描写されたサメが人を噛み殺す唯一のシーン。その餌食になるのは、最も頼りになる男のはずだった漁師サム・クイント。船に乗り上げてきた鮫に噛み付かれ、血を吐きながら派手に喰い殺されるという最期を迎える。. 『鳥』(原題:The Birds)は、1963年のアメリカ合衆国の映画。ジャンルは生物パニックもののサスペンス。アルフレッド・ヒッチコック作品。原作はダフニ・デュ・モーリエによる同タイトルの短編小説。1970年代に量産された動物パニック映画の原点でもある。鳥が襲撃する理由を明確にせず、不気味な現象としておびただしい数の鳥を登場させた。鳥の恐怖を徹底的に表現した生物パニックホラーのお手本となる恐怖映像が詰まっている。 「鳥」の大ヒット後の60年代の動物パニック映画の動向は、盛り上がりに欠けていた。蜂の大群が人間を襲う「恐怖の昆虫殺人」(1966年)、突然変異した昆虫が暴れる「昆虫大戦争」(1968年)などごくわずかしか作られていない。. 言わずと知れたアルフレッド・ヒッチコック監督のアニマルパニックの金字塔。 その他の候補: 「人類危機一髪! 巨大怪鳥の爪」(1957年) 特撮版「ジュラシック・パーク3」 「バーデミック」(年) Z級を超えたひどさを誇る衝撃の内容。襲い来る鳥は必見です。. ルースターは、映画『ペット2』に出てきた主要キャラクターの一匹。ケイティ家族がシェップおじさんの農場に行ったときに登場する牧羊犬で、羊を制御する役割を持っています。 犬種は恐らくウェルシュ・シープドッグで、男の子。デュークからチキンと呼ばれています。声優は『インディージョーンズ』や『スターウォーズ』シリーズで知られる名優ハリソン・フォードです。. 19世紀を舞台に捕鯨船と巨大な白鯨の死闘を描いた「白鯨との闘い」は、ハーマン・メルヴィルの名作小説「白鯨」に関連した作品です。 「マイティ・ソー」シリーズのクリス・ヘムズワースを主演に公開されたこの映画は、クジラという巨大な存在が牙をむいた恐ろしさをド迫力で描いています。 当時の危険な捕鯨の様子もリアルに再現されていて、海洋アドベンチャー映画としても面白い作品になっています。.

See full list on 動物と人間の映画 fashion-press. 不運続きで落ちぶれてしまった「荘園農場」では、家畜の動物たちが不満を抱いていました。 支配者であるジョーンズは四六時中飲んだくれており、動物たちに水やエサを満足に与えず、日常的に八つ当たりをしていたのです。 そんな待遇に我慢ならなくなった動物たちは、豚の長老であるメージャー爺さんをリーダーに、動物会議が開かれます。 メージャー爺さんはすべての動物の平等と自由を主張する「動物主義」を唱えます。動物たちは立ち上がり、歌をうたいますが、メージャー爺さんはジョーンズを倒しても悪習を受け継いではいけないと力説しました。 その後、メージャー爺さんは息を引き取ります。 メージャー爺さんの意思を引き継いだのが、食肉用の有能な豚であるナポレオンとスノーボールです。 彼らはほかの動物たちを扇動して、ついに革命を起こします。ジョーンズは仲間を率いて反撃し、互いに犠牲を出した結果、戦いに勝利したのは動物たちでした。 ジョーンズの支配から解放された動物たちは歓喜に沸き、人間専用の道具を焼き払い、たき火を囲んで革命の歌をうたいました。 こうして彼らは理想を掲げて、動物たちで農場を経営することにします。荘園農場を「動物農場」と改め、動物たちが自由に生きていくために必要な法律を定めます。 「ベッドで眠ってはならない、酒を飲んではならない、4本足はよい・2本足は悪い、ほかの動物を殺してはならない、すべての動物は平等である」. 皆さんは虫や動物の大群を見て、ゾワっとした恐怖を感じた事はありますか? 人間は「小さなものの集合体」を見ると恐怖を覚える「トライポフォビア(集合体恐怖症)」という恐怖症を抱えていると考えられる説があり、苦手な人は虫や動物に限らず蜂の巣や蓮の実でもゾワっとしてしまう.

「大人も子供も、動物を大切に思ってもらえるような映画を作ってほしい」 「なぜそんなに猫のことを? 」と問われた稲葉さんは、「人間も好きだけれど. 原作は、ビアトリクス・ポターの『ピーターラビット』。自然にあふれるイギリスの湖水地方を舞台に、元気いっぱいイタズラ好きのうさぎ・ピーターと、そこに住む人間たちの騒動を描く。 >>詳細はこちら. A・A・ミルンの小説「くまのプーさん」が実写映画化。100エーカーの森で冒険を楽しんだ少年クリストファー・ロビンが、大人になってスクリーンに帰ってくる。現在仕事に追われるクリストファー・ロビンは少々お疲れ気味だが、再会したくまのぬいぐるみ・プーやその仲間たちは、“あの頃”のまま。忘れかけていた子供の頃の記憶がよみがえり、人生の喜びを見つける新たな旅に再出発することとなる。 >>詳細はこちら.

わたしたちは一目惚れをしたり相談にのってもらっているうちにその人のことが好きになるなど、特定の異性に対してドキドキしたり会いたいといった恋に落ちることがありますよね(^^) 犬も、同じように特定の異性に対していつも一緒にいたいと思うような恋を. 舞台は1880年代、コンゴが植民地化されているときです。少し、歴史などの背景がわからないと理解できない部分もあるので、子供には理解しにくいかもしれません。 国王が借金を返せなくなり、ダイヤモンドを獲得して、なんとかして借金を返そうとしている流れでした。. ワニの恐怖を描いた年のオーストラリア映画「マンイーター」。 日本ではDVDすら発売されないスルー作品でしたが、出演しているサム・ワーシントンが「アバター」の主演で世界的に注目されたことで、年に急きょ公開されました。 クルーズ船が大河の中の島に乗り上げ、その乗客たちが巨大なワニに襲われるこの映画。 ワニの登場シーンは決して多くはありませんが、ここぞという場面でいきなり現れて人を水中に引きずり込んでいく様はインパクト抜群です。 クライマックスの主人公とワニの一騎打ちは、手に汗握る緊張感と迫力があります。. kur***** さん 年11月23日 9時51分; 役立ち度 3. 動物の言葉が分かる医者とユニークな動物たちが繰り広げるコメディ。 原作はヒュー・ロフティングの名作小説で、「ドリトル先生不思議な旅」(67、リチャード・フライシャー監督)など映画化もあったが、本作では90年代風にアレンジ。. ・監督デヴィッド・イェーツ ・ターザン ジョン(アレクサンダー・スカルスガルド) ・ジェーン(マーゴット・ロビー) ・レオン・ロム(クリストフ・ヴァルツ) ・ウィリアムズ(サミュエル・L・ジャクソン) スポンサードリンク. 『犬と猫と人間と』の飯田基晴がプロデューサーを担当し、新鋭の宍戸大裕が初メガホンを取った感涙のドキュメンタリー。東日本大震災で甚大. TVアニメ『デート・ア・ライブ DATE A LIVE』シリーズや、『艦隊これくしょん -艦これ-』への出演で知られる声優・野水伊織。女優・歌手としても活躍中の才人だが、彼女の映画フリークとしての顔をご存じだろうか?『ロンドンゾンビ紀行』から『ムカデ人間』シリーズ、スマッシュヒット.

See full list on gizmodo. ハリウッドで広く活躍するカメレオン俳優サミュエル・L・ジャクソン。そんな彼が主演を務めたパニック映画が「スネーク・フライト」です。 そのタイトル通り「飛行機にヘビが現れる」という変わったシチュエーションのこの作品。 動物と人間の映画 事件の証人が乗った飛行機に証拠隠滅を図るマフィアがヘビの大群を放ち、乗客たちがそれに立ち向かいます。 サミュエル・L・ジャクソンは、証人を守るFBI捜査官として活躍。 通気ダクトや配電盤の間、酸素マスクの収納口まで、あらゆる隙間から毒ヘビがニュルニュルと這い出てくる様は、爬虫類が苦手な人は間違いなくゾッとさせられます。 逃げ場のない飛行機という場所でのヘビとの戦いは、最初から最後までハラハラすること間違いなしです。. ウェス・アンダーソン監督が描く、日本を舞台にした犬の物語。”犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬スポッツを探す少年アタリとほかの犬たちの壮大な旅と冒険を描く。 >>詳細はこちら.

ディズニーによる長編アニメーション映画『ライオン・キング』が、最新CGを駆使した“超実写版”でスクリーンに蘇る。主人公となるのは、動物たちの王であるライオンのムファサの子・シンバ。サバンナを舞台に、苦難を乗り越えながらも、“自分の使命”と向き合う壮大な物語を描きだす。 >>詳細はこちら. 支配者がいなくなった動物農場では、皆が懸命に働き始めました。 幼いヒナも広大な畑に出て、大人の真似をしながら草の刈り取りをおこないました。 なかでも農場で一番の力持ちである馬のボクサーは、そりや馬くわを装着して、馬3頭分の働きをしていました。 羊や牛、ヤギたちも干し草を懸命に集めます。あひるや鶏は、干し草をくちばしでくわえて動き回りました。 動物農場の仕事は毎日正確におこなわれ、動物たちには理想的な食事が与えられました。収穫は大成功を収めて、皆とても幸せでした。 しかし、そんな幸せな日々も数カ月しか続きませんでした。 本を読んで学問を習得したスノーボールは、動物たちの教育を開始します。しかし、能力差は著しく、ボクサーはアルファベットの「D」から後ろの文字を覚えられず、ベンジャミンに至っては居眠りをしていました。 羊やニワトリたちは、アルファベットを覚えることすらできませんでした。 やがてスノーボールとナポレオンの間で意見が対立し始めます。 メージャー爺さんの教えを忠実に守るスノーボールは、動物農場をよくするために風車建設や農場電化計画を進めていました。 対するナポレオンは権力欲にまみれた豚で、目先の収穫にばかりこだわっていたのです。やがて彼は、スノーボールのことを疎ましく思うようになります。 あるときナポレオンは、革命時に母犬を亡くした幼い犬たちを隔離し、彼らに洗脳教育を加えて、自分専用の部隊を作ることをひらめきます。 ある日、スノーボールは動物たちを集めて、新計画を投票で決めることを提案します。 そこへ成長して凶暴な番犬となった犬たちを率いて、ナポレオンが参上します。ナポレオンは、スノーボールが動物農場の破壊を企んでいると濡れ衣を着せます。 スノーボールは慌てて否定し、新計画が成功したら週に一度の労働でよくなるのだと断言します。ナポレオンはそれを「ナンセンス」と嘲笑します。 動物たちの心は揺らぎますが、ナポレオンの演説に誘導されて、スノーボールをジョーンズのスパイと決め込んでしまいます。こうしてナポレオンは番犬を駆り立てて、邪魔者のスノーボールを追放しました。 動物農場の指導者になったナポレオンは、さっそく風車の建設に取りかかります。 雄弁家で自分の腰巾着である豚のスクィーラーと、恐怖の番犬たちを従えて、無敵の存在となった彼は、文字通り農場を支配するようにな. パニック系映画の中でも人間と動物の死闘を描いた作品は、特に人気があります。野生の本性を露わにし牙をむく動物や、正体不明の謎の生物. 。 「人蛇大戦 蛇 」(1983年) 香港発のパニックホラー。一部の大蛇以外、撮影に使われたヘビは本物! 殺されるヘビ、焼かれるヘビも全て本物という徹底ぶりです。恐ろしい思いをしたのは人間ではなく、撮影のためにかき集められたヘビだったことはまちがいないでしょう。 「怪奇!吸血人間スネーク」(1981年) 伝説のズッコケラストが最低(褒めています)なマッドサイエンティスト映画。吸血人間スネーク(実際は吸血なんてしない)のメイクは素晴らしいのが余計に残念(褒めています)。 「アナコンダ」(1997年) ジェニファー・ロペス、アイス・キューブ、オーウェン・ウィルソンなどの豪華キャストが出演した、高速巨大ヘビの動物パニック。. 『タワーリング・インフェルノ』(原題: The Towering 動物と人間の映画 Inferno )1974年 4.

パニック映画(Disaster film)の傑作として知られる。この作品で当時パニック映画(ディザスター・フィルム)と呼ばれるジャンルが確立。 4. 犬と猫と人間との作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。空前のペットブームの影響で、日本国内で年間30万頭以上の犬猫が. A レイク・プラシッド」は、ワニに襲われるパニック映画の名作シリーズの1作目です。 アメリカのメイン州の湖に巨大ワニが現れ、それに立ち向かう密猟監視員や生物学者、警官たちの戦いが描かれます。 先に紹介した「アナコンダ」と同じくらい古い映画ながら、こちらも製作費は多めで、アニマトロニクス(ロボット)とCGを駆使してリアルなワニによる襲撃が描かれます。 ボートや巨大な熊、さらにはヘリコプターまでをも水中に引きずり込んで襲うワニは、ものすごい迫力です。. . 1970年代のパニック映画ブームを形作った作品の一つとなった 3. See full list on hm-hm.

1997年公開の「アナコンダ」は、撮影のためにアマゾンの密林に入って巨大なヘビ「アナコンダ」に襲われるクルーたちを描いたパニック映画です。 主演にジェニファー・ロペス、他の出演者にも有名ラッパーのアイス・キューブやコメディ界の人気俳優オーウェン・ウィルソンなど、豪華キャストが出演しています。 20年以上前の作品ですが、パニック映画としては製作費は多めで、リアルなCGで描かれるアナコンダはヌルヌルと動いて人間を次々に襲ってきます。 丸呑みにされた人間の輪郭がアナコンダのお腹に浮いていたりして、リアルなヘビの恐怖を感じられます。 「B級パニック映画」と侮れない、本格パニックアクション大作です。. com編集部&ユーザーが選んだ「人生で1番号泣した動物映画」オシ10. ケイティは、主人公のマックスを飼育する女性キャラクター。とても心が広く、ペットが幸せになるように心がけています。 髪は黒で短く、普段はピンクのクリップで下ろしている様子。家にいるときは、長袖のストライプのシャツに赤いパンツ、茶色のブーツを履いていて、青いパファージャケットを着ているのがよく見られます。 いつもピンク、ブルー、グリーンのロングスカーフを身につけているようです。夜は白の半袖シャツを着て、ピンクのストライプのパジャマパンツを履き、白い斑点のある青いスリッパを履いています。 ケイティとマックスの出会いは、マックスが子犬だった頃。ダンボール箱に捨てられていたマックスを連れて帰り、飼育を始めた模様です。 なおケイティはほとんど毎日仕事に行くほど大忙しですが、何をやっているのかは不明。留守にする時間が長いため、ケイティの家はたくさんのペットたちが訪れる部屋でもあります。 大学生で、ニューハンプシャー州のダートマス大学に通っているようです。. その舞台は、動物たちが. 森で暮らしていたターザンは貴族クレイトン家の3世、ジョン・クレイトンとして、人間社会で妻のジェーンとロンドンで過ごしていた。 ある日、ジョンはジョージ・ワシントン・ウィリアムズから故郷の部族や人々が脅かされていることをきき、政府の命令として、故郷のコンゴ に妻と一緒に帰ることになる。 しかし、それはレオン・ロムの罠であった。故郷を襲われ、妻のジェーンを奪われ、ジョンはかつての野生性を取り戻して仲間たちとジェーンを救いにいく。圧倒的な数の敵に対して、ターザンは昔の仲間たちの動物たちと一緒に戦っていく。. その他の候補: 「グルメホラー 血まみれ海岸・人喰いクラブ/地獄のシオマネキ・カニ味噌のしたたり」(1980年) 原題は「Island Claws」なのに、邦題の丁寧すぎる説明的副題がインパクト大です。.

動物と人間の映画 霊長類学の世界的権威・河合雅雄の自伝的小説「少年動物誌」を映画化した人間ドラマ。豊かな自然に恵まれた昭和初期の丹波篠山を. ココロがほんのり温かくなったり、お腹をかかえて笑ったり、ティッシュが空になるほど号泣したりと、さまざまなストーリーがある犬映画。星の数ほどある映画の中でも、犬のストーリーは大人気です。犬が大活躍するコメディもあれば、実話を元にしたストーリーやアニメなど、ジャンルも. 副題が全てを物語っています。 その他の候補: 動物と人間の映画 「ドッグ」(1976年) 最高の相棒のはずの犬たちが突然飼い主に襲いかかるホラー版「わんわん物語」。小型犬までもが人間に牙をむく! 地味ですが、隠れた名作です。 「クジョー」(1983年) スティーブン・キング原作の、狂犬病におかされたセント・バーナードを描いた作品。 「ホワイト・ドッグ」(1982年) 実際に作られていたらしい人種差別犬を描いた作品。ジワジワくる恐怖が魅力の隠れた名作です。. See full list on film-log.

「動物と子どもを出演させると撮影に時間がかかる」とも言われていましたが、今も昔も動物映画は大人気。.