logo

コーラスライン 映画 感想

ミュージカルとして「キャッツ」や「オペラ座の怪人」同様、絶大な人気を誇る「コーラス・ライン」。その映画版が1985年に、今は亡きリチャード・アッテンボロー監督により制作された。オーディションで選考するのは、主役のダンサーの前で踊るいわば「その他大勢」。観客が目にも止め. 『コーラスライン』はオフ・ブロードウェイで初演され爆発的人気を得たのち、 当時の入場者記録である『グリース』を凌駕したミュージカルである。 主演級ではなくコーラス(その他大勢)をオーディションする舞台裏を正に再現 している。. コーラスラインの概要制作:1986年 アメリカ監督:リチャード・アッテンボロー出演:マイケル・ダグラス、アリソン・リード、マイケル・ブレビンズ、テレンス・マン、グレッグ・バージ、他コーラスラインのあらすじ. コーラスラインの中に赤い靴という映画の話が出てきました。女の子は みんなこの映画を見てバレエに憧れるんだとか。1948年、英国で製作され、 未だに上映が続くバレエ映画の古典なんだとか。 紹介ページ 感想・映画版. 映画の感想レビュー top;年; 映画コーラスラインのあらすじと感想. コーラスライン、ほんとにみんな見てほしいよ・・・!と思ったけどもうチケットほとんどないのな 劇団四季「コーラスライン」自由劇場。お久しぶりの荒川務さん。小さい頃見た役者さんが変わらず舞台に立ってくれてることにまず感動。. コーラスライン dvd マイケル・ダグラス (出演), アリソン・リード (出演), リチャード・アッテンボロー (監督) & 0 その他 形式: DVD 5つ星のうち4.

ブロードウェイミュージカル 『コーラスライン』口コミ感想ネタバレ ブロードウェイミュージカル 『コーラスライン』あらすじ 公開上映中おすすめ舞台ミュージカル 「やっぱり特別なミュージカル!」「捨て曲なしと言っていいぐらい名曲揃い!. 。 世界に共通した戦後の貧困ムードが、私の少年時代の記憶を蘇らせる。みんな貧乏だった大阪下町の少年時代。ワルもいたし、知恵遅れもいたし、怖い先生、優しい先生もいた。 ノスタルジックではあるが、現代が失ったすべてがそこにある。子供連れの夫婦、または孫たちを連れた老婆、失われた絆が映画館の片隅で蘇る。 そして、音楽教師役が私の贔屓の名優、ジェラール・ジュニョ! 01コーラス 02亡き人への想い 03寄宿舎への到着 04ペピノ 05途中でみてごらん 06楽譜 07海への想い 08夏の光 09凧 10雨の中を 11相棒ギエリ 12失望 13夜 14火事 15思い出 16紙飛行機 17アクションーリアクション 18自分たちだけで 19モランジェ 20亡き人への想い(アカペラ) 21僕たちは池の底の住人. 『コーラスライン』のあらすじを紹介。『コーラスライン』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォト. 年以降のシアターオーブは日本版「メリー・ポピンズ」に来日版「ミス・サイゴン」、そして来日版「コーラスライン」と有名作品が目白押しです。 【速報】年夏、永久不滅の傑作『コーラスライン』の7 年ぶりの来⽇公演が決定しました! 『コーラスライン』(A Chorus Line)は、1985年公開のミュージカル映画。監督はリチャード・アッテンボロー。 アーノルド・シュルマンによる映画脚本は、ジェームズ・カークウッドとニコラス・ダンテによる1975年初演の同名のミュージカル作品の台本に基づいている。. では実際にコーラスラインを見た方の感想をまとめて紹介したいと思います。 今日の休みは、久しぶりの劇団四季。一年ぷりかな。コーラスラインは3回目?4回目? 今年バージョン演出、やっぱり涙がこぼれた。.

6。みんなの映画を見. 。. 劇団四季「コーラスライン」 自由劇場年12月14 日(水) 18時30分 1階7列上手 東京にいます。 「宝塚を見に行かない月は無くても、四季を見ない年はある。」 ・・・と言う私ですが、今日は久々に劇団四季を見てきました。 やっぱり私はヅカファンだな~と思って帰ってきました(^^;) 四季. 毎シーズン「コーラスライン」のキャストは、ブロードウェイを目指してオーディションを受けて勝ち上がってきた人々で構成されています。 つまり、彼らは自分の人生と重ねて、とてもリアルな気持ちで演じていると思うんですよね。.

キャッチコピー:歌うときだけ、幸せだった。 子供時代の思い出は、後になって大きな意味を持つようになります。「無意味なことは一つもありません。そして音楽や歌はその頃を美しく鮮やかに蘇らせてくれます。どうかこの映画を、あなたの子供時代と重ね合わせて思い出してください。あの無心で一生懸命だった日々を. ペラン 私は旋律をうまく歌えないので、音楽監督に伝えるのはひと. 劇団四季コーラスラインを親子で見に行く予定なのですが、感想などを見ると下ネタが多いと色々なところで目にしました。どのくらいの頻度でどの程度の下ネタなのでしょうか?例をくださると 嬉しいです。あまりひどかったら演目を変えようと思います。 下ネタというような下品さはあり. Q音楽映画として本当に完成度の高い「コーラス」。少年たちの気持ちも丁寧に描いていてとても感動しました。 ペラン 音楽が感情にストレートに働きかける力は非常に大きくて、その事実にまず感動しますね。実は撮影初日に子供たちはとても興奮していて、遊び回ったり落ち|着きがなかったのです。そんな状態のまま歌の練習に入りましたが、不思議なことに、練習を始めた途端、騒々しかった彼らがひとつのコーラスにまとまり、終わると目に涙を浮かべていたのです。 Qいいお話ですね。映画を拝見して、孤独な少年たちが最後にはしっかりと結び「ついていく様子に心打たれました。それこそが音楽の特質なのですね。人と人を引き離すのではなく、絆を作り上げていくという。映画『コーラス」を観ればそのことがはっきりと描かれています。 ペラン 文字で表現する文章ですと、どうしても知的な要素が入ってしまいます。でも音楽ならどんな人の心も解放し、精神的に軽やかにしてくれますよね。 Q映画のためにオリジナル音楽を作られたわけですが、作曲家への注文はどのように進められたのですか? コーラスラインのcdを聞いた感想 四季団員の物語に感じてしまいます! 厳しいショービジネスの世界で生き抜くストーリーなのですが、 劇団四季キャストの思い も詰まっているように感じました。. 『コーラスライン (A Chorus Line)』は、1975年に初演されたブロードウェイミュージカルです。 1976年にトニー賞(9部門)を受賞すると、その後15年間に渡って6137公演を成し遂げました。. 7点同じニューヨークが舞台の. 5 911個の評価.

コーラスライン感想 8/15の初日を観てきました この演目は話を知ってる人が多いのかなと思ったけど、わたしは全然知らなくて、ミュージカル色々観てみたいなと思ってる時に来日公演あるの知って、B席がとれたのでした. 」 T氏は私と同年輩(50代)で昔から音楽に惚れ込んで仕事をする人だ。この人の言うことは信用できる。パソコンから流れる最悪の音で一分足らずの試聴だったが、気が付くと、仕事をしながら何度も繰り返して聴いていた。 さっそく、アルバムをフランスから取り寄せたのだが、私が今まで持っていた児童合唱団のイメージを大きく変えてしまった。映画も見ていないのに、歌声だけでなぜか私を何度も泣かせてくれた。ソリストが、まるで天使の声! 劇団四季ミュージカル「コーラスライン」全国公演。香川・高松公演の年11月01日ソワレを観劇。レクザムホール大ホールにて上演。主なキャストは、荒川務、菊池俊、小島絵里衣、森田一輝、宮田愛、前田員範、深堀拓也、村田晃一 ほか。. 。 こうして、映画は問題児の施設“池の底”を舞台に、子供たちの過去の物語ではなく、こういう環境におちいった子供たちの心理を描いていく。ここが大事なところである。 いやそんなことはない。新任の舎監マチューの過去や、モランジュと母の関係だって語られているという人がいるかもしれない。たしかにそうだ。マチューがいつも持ち歩いている革のケースには、たくさんの合唱曲のページがはさまれていて、彼がかつてコーラスを教えていたらしいこともわかってくる。また、モランジュの美しい母が登場して、マチューにつかのまの恋らしきものを味わわせるシーンだってある。だが、よく見ると、この映画は、決. コーラスライン 映画 感想 劇団四季「コーラスライン」年10月29日の観劇感想です。 年から劇団四季観劇をしていますが、一時期ちゃんと記録をしていなくて、「コーラスライン」の年東京公演を観たかどうかはっきりしません。. 「幸せの下には語る物語がない。フランスには、こんな言葉もあるんだよ」「コーラス』の監督クリストフ・バラティエは、この繊細な言葉を誤解なく、相手に届くように注意深く教えてくれた。 だから、語るべき物語を持つ不幸がいいのか、語るべき物語よりも幸せを選ぶのが「いいのか。人は、とくにまだ幼い子なら当然、自分の運命を選べないとしたら、この言葉はひどく空疎なものといえるかもしれない。が、自分ではどうしようもなく不幸な人生をたとえ送るようになったとしても、その不幸を乗り越えられたといいう成長を手にしたら、かつての不幸の物語は、やがて来る幸せを深く深く感じる感受性となって、人生を味わい深いものにしてくれるはずだ。バラティエ監督は、きっとこう言いたかったのだろうと思う。 というのも、この映画の物語は、バラティエ監督自身の自伝的映画で、監督自身の小さい頃を思わせるペピノの物語でもあるからだ。問題児の収容施設“池の底”で一番小さい子供だったペピノは、週末、父や母が会いに来ることになっている日、絶対に来ることのない両親を待ちわびて、門の鉄柵にしがみついて離れない子どもだった。*バラティエ監督の両親は、監督がまだ赤ん坊の頃、離婚した。そして、いたいけな幼児だったバラティエ監督は、9才になるまでパリを離れて祖母に育てられた。無条件の愛が欲しい年頃、バラティエ少年は、問答無用の孤独を埋め合わせるものを何も持っていなかったという。映画の中の少年たちの何人かは、バラティエ監督の人生をいくぶんか担って登場しているが、ペピノの人生が、もっとも色濃く、監督の人生を写し取っていたという。が、やがて、音楽がバラティエ少年の心の空白を埋めていく.

と決めていたのはもちろんのこと。フランスの私の友人たちは殆どがアーチストであったり、メディア業界ばかり。つまり一般フランス人よりも、さらに《へそ曲がり》が多い。パリに到着するなり、この気難しい友人たち、みんながみんな口を揃えて、この映画を絶賛し、「あれは見るべきだ」と私に言うのである。その時はまだ社会現象と言えるまでにはなっていなかったが、確実に大ヒットの兆しを見せていた。映画「コーラス』には派手な宣伝も、メディアの仕掛けもなかったが、映画を見た人が、まだ見ていない人に伝えるロコミがすさまじい効果を収めていた。 数日後、やっと時間が取れた私はイタリア広場の映画館の中にいた。物語の舞台は1949年。私の生まれた年. See full list on eiga-trust. 『コーラスライン』初観劇ですが、登場人物が全員個性的で印象に残ったので感想をアップしたいと思います(&39;-^*)/ 「観てからのお楽しみ 」という場面については書きませんが、少しはネタバレになってしまうので舞台の詳しいことを知りたくない方は. おとといのコーラスラインの感想の続きです。ちょっと辛口になっちゃうけど、今年の初めぐらいにコーラスラインの稽古場写真を見たときに、はっきり言って地味なキャストだなあ、(宮田さん以外)と思ってました、、、おとといの舞台で、以前コーラスラインで見たことがあるキャストは.

ペラン この映画で表現したかったのは子供の純粋さです。彼らは何でも受け止める。 慈しみも憎しみもそのまま彼らの心の中に入ってしまうのです。 そんな彼らに対し、優しい音楽の先生は無理に強制して教えるのではなく、彼らの声に耳を傾けています。そして一人の人間として接していくのです。頑なだった子供たちも先生のおかげで歌を通し心の扉を開いていく。その姿をこの映画を観る人たちに是非、感じとって欲しいですね。 Q日本では、父親の背中を見て育つという言葉がありますが、口でいくら言っても、結局子供は親の生き方のほうを強く意識している。この音楽の先生のように、自分の人生を懸命に生きる姿を見せるしかないということでしょうね。 ペラン 子供たちはいつの時代も、孤独や暴力に晒される危険と隣り合わせです。でも彼らは柔らかい心を内に秘めて、さびしさを抱え、愛情を求めています。そのことをすべての大人たちに理解して欲しいと願います。 Qそれから子供たちが自分の感性を豊かにするために、ジャンルを問わずにとにかく数多くの音楽や絵画に触れてくれるといいですね。それが心を強くしてくれると思うのです。 ペラン コーラスライン 映画 感想 大人が子供に. コーラスライン(1985)の映画情報。評価レビュー 246件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:マイケル・ダグラス 他。 コーラスライン 映画 感想 ダンサーのオーディションを舞台上で再現させたブロードウェイのヒット・ミュージカルを完全映画化。ブロードウェイの売れっ子ディレクター・コレオグラファー. 本作が多くの観客の心をとらえたのは、物語の完成度とともに子供たちの澄んだ歌声によるところが大きい。世界的に有名な聖歌隊「サン・マルク少年少女合唱団」の少年たちの、まさに“奇跡の歌声”。セリフ以上に子供たちの感情を多く物語る歌声は、郷愁を感じさせる映像と共に心にしみてくる。 中でも特筆すべきは、3000人の候補者の中から選ばれ本作の主演を務めた当時13才のジャン=バティスト・モニエ。その憂いを秘めた歌声と天使を思わせるルックスでフランス中を魅了した。実際に「サン・マルク少年少女合唱団」のソリストを務めるモニエは本作がデビュー作となり、その類まれな美声は「歌声を聴いたら涙があふれる」と絶賛されている。少年たちの成長とともに、やがて永遠に失われていくボーイソプラノは、美しければ美しいほど、はかない輝きを放っている。. 「ブロードウェイ♪ブロードウェイ〜コーラスラインにかける夢〜」(原題:Every Little Step)は、年公開のアメリカのドキュメンタリー映画です。ジェイムズ・D・スターン、アダム・デル・デオの共同監督で、名作ブロードウェイ・ミュージカル「コーラスライン」再演に向けての臨場感. ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢の映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全7件。評価3. Q主人公のピエールは本当に美しい声ですね。彼の歌声は強く印象に残りましたが、彼をどのようにして探し出したのですか。 ペラン コーラスライン 映画 感想 監督はフランス中の合唱団を回りながら主役の男の子を探し続けました。ある日、リヨンの合唱団を訪ねて廊下を歩いていたら、天使の歌声が聞こえてきたそうです。思わずドアを開けると、そこにいたのが青い瞳の美しいジャン=バティスト・モニエ少年。彼を見い出した瞬間に、この映画の成功は約束されたのだと思います。 Q本当に心を奪われる透き通った声でした。ボーイソプラノはほんの一時期しか出ない声で、必ず声変わりで消えていく。生涯に一度しかない少年時代のはかなく優しい声が、心に染み入るようでした。 ペラン 主人公のピエール役だけでなく、登場する少年たちはすべて素人です。でもみんな自然な演技でとても初めてとは思えないほどでしたね。不良役を演じた少年は実際に厚生施設に入っている子でしたが、監督の熱意で出演が決定しました。撮影中は年少の子供たちを気遣う優しい子だったのです。 Qこの映画を見ていてたら、私自身の少年時代を思い出しましたね。自分のアイデンティティがよくわからない年頃だから不. 1990年12月22日、南仏ブリニョル生まれ、山羊座。 ブルーの瞳、ブロンドの髪。撮影当時13才だったモニエ少年は、「コーラス」が映画デビュー作となる。「サン・マルク少年少女合唱団」のソリストであるモニエ少年は、その愛くるしい顔立ちと美声が製作陣の目に留まり、3000人にも及ぶ候補者の中から見事ピエール役の座を射止めた。「コーラス」の成功で一躍ヨーロッパ中の女性を虜にするアイドルとなり、「チャイルド・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた現在も「サン・マルク少年少女合唱団」に籍を置き、規則正しい生活を送っている。年夏には日仏の文化交流のため、合唱団の一員として来日。奉仕を目的とした慈善公演のため、ホテルなどには宿泊せず、仲間たちと一緒に日本の一般家庭にホームステイするという“貴重な経験”も積んだ。「コーラス」出演で映画製作の楽しさを知ったモニエ少年は、役者の道に進むことを決意。早くも200本近い映画の出演依頼が殺到しているという。私生活ではテニスとサッカーを愛するスポーツマンの一面もあるそうだ。. コーラスライン のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!ストーリーや演出などの評価もあります。.

コーラスライン 劇団四季を観て 年11月コーラスラインを自由劇場にて観劇する。自由劇場という小降りの劇場での演出は初めてだ。ミュージカル俳優達の舞台裏。オーディションに受かるまでの苦労、それまでの挫折の日々、今までの人生での苦悩、それらの先には「舞台に立ちたい. 年バージョンはそのオーディションの模様がドキュメンタリー映画として撮影され、日本では『ブロードウェイ♪ブロードウェイ〜コーラスラインにかける夢〜』として年10月に公開された。 年と年には来日公演も行われている。. 年3月、フランスで公開された「コーラス」は、観客の圧倒的な支持を受け、またたく間に「アメリ』の記録を抜いてフランス映画史上空前のヒットを記録。公開15週で750万人、フランス人の7人に一人が観たという。そして子供たちの歌声を収めたCDは、サントラ盤としては異例の3ヶ月間チャート1位を独走。さらに本作の影響で100万人のフランス国民が新たに合唱団に登録、またロケ地となったフランス中部の城へのツアーにも観客が殺到といった一大ブームが巻き起こった。 幅広い年齢層の人々に愛され続けた『コーラス」は、年にフランスで公開された全ての映画の中で、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』や『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」といった大作を押しのけ、堂々の動員記録1位に輝いた。さらに今年に入ってからは、アカデミー賞外国語映画賞、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞など数々の映画賞にノミネートされ、感動は全世界に広がろうとしている。.